So-net無料ブログ作成
検索選択
ボカシ肥料作り ブログトップ

仕込み♪ [ボカシ肥料作り]

春に向けてEMボカシ肥料の仕込み。
今回は米ぬかが3キロしかなかったので前回より少なめ。
その他の材料は油かす1.5k、魚粉0.5k、草木灰0.5k、カニガラペレット0.3k、カキガラ石灰0.3k、骨粉0.2k、くん炭少々。水分は汲み置き水1Lに対してEM菌と糖蜜を10mlずつ。
予定成分はチッソ3.1-リン3.7-カリ1.2。

忘れないように各材料の成分をメモφ(。。)
米ぬか 2.0-3.9-1.5
油かす 5.3-2.0-1.0
魚 粉 7.0-6.0-0.0
草木灰 0.0-1.5-3.0
骨 粉 2.0-20.0-0.0
カニガラペレット 5.0-3.0-0.0


ボカシ肥のその後 [ボカシ肥料作り]

EMボカシ施肥から3日後、マルチングの表面にうっすら菌糸が発生。これが土をフカフカにしてくれるという、噂の善玉菌かしらん?なんとなくワクワク。カビが生えることでワクワクするなんて変だよね(笑)でもこういうのって面白い。


ブルーヘブン


ブルーバユー


シャルロット


ボカシ肥 [ボカシ肥料作り]


7月29日に仕込んだEMボカシ肥がいい具合に酸っぱいような甘いような発酵臭をさせている。掘り返してみるとうっすら白い菌糸がみえる部分もある。どうやら成功したみたい。
できたとなると、すぐにでも花たちにあげてみたくなるのが人情?成長が緩やかになったのは夏の暑さのせいなのだろうけど、もしかしたら効果が見られるかも?なんて思うのが素人感覚。という訳で、バラの根元から少し離して2~4箇所に埋めて、牛糞+ピートモス+もみ殻くん炭でマルチング。余ったのはナツツバキ、キンモクセイ、ナンテン、サンショウ、ブルーベリー、ダリア、カーネーショントマト、クレマチス(ダッチェスオブエジンバラ、スノーフレーク)にもあげる。さて、即効性のあるというボカシ肥の効果はいかに?!

KIMURAYAガーデンズでバラの先行予約が始まっている。ジェネロサや最新のイングリッシュローズなども多数予約できるので、あれも欲しいこれも欲しいと散々悩みながらも、狭い庭では場所の確保ができない・・・。結局厳選?して6本注文した。うーん、これでも多い。どこに植えよう^^;
【イングリッシュローズ】
クイーン・オブ・スウェーデン
ウィズレイ
【ジェネロサシリーズ】
ソニア・リキエル
ヴェロニクB
【オールドローズ】
マダム・ジョセフ・シュバルツ
マダム・アルフレッドルージュモン

ところでギヨーに注文したバラはどうなったんだろ。結局ダメだったのかな~。まぁ、送料の選択間違えたし、土付きでは輸入できないこと知らずにポット植えで注文しちゃったし。
今の時期裸苗では売ってくれないよね。秋になったら再チャレンジしようっと。植える場所がまだあったらの話・・・。

庭のワイルドストロベリー、いつのまにか実がいくつかなっていた。4つほど収穫して、ダンナと味見。甘味は少ないけれど、爽やかな香りがたまらない。一株なのでジャムが作れるほどは出来ないけれど、狭い庭がプレゼントしてくれる、ちょっとした楽しみです。


EMボカシ肥 [ボカシ肥料作り]

かねてからやってみたかったEM菌を使ったボカシ肥つくりにチャレンジ。
材料は【米ぬか4.0k:油かす1.5k:魚粉1.0k:草木灰0.5k:カキガラ有機石灰0.5k:もみ殻くん炭少々:稲ワラ少々】塩を少しいれるといいらしいのだけど、入れるのを忘れた・・・。
EM菌のエサになる糖蜜をお湯でとかして、汲み置き水とEM菌をまぜまぜ。材料の米ぬかなどの材料もまぜまぜ。で、EM溶液と材料をまぜまぜ。握って団子状になり、指でつつくと崩れる程度になると出来上がり。いたって簡単。フタつきバケツにギュウギュウ押しながら入れる。15リットルバケツにピッタリのはずだったのに、なぜか2~3センチあまってしまい、余った米ぬかをその部分に詰める。米ぬかは4.5k位にした方がちょうどいいかな?上から新聞紙とゴミ用のビニールを被せてフタをのせる。フタはガムテープで固定して、上には5kの米ぬか袋を重しとして置いた。

さてさて、初めての試みはうまくいくのやら・・・。机上の計算では一応、チッソ3.9-リン4.5-カリ1.6程度になるはず。カキ殻有機石灰はリンの吸収を高めてくれるし、草木灰と合わせてミネラルも豊富。もみ殻くん炭には有用菌の住処になってもらって・・・。頭の中ではそんなイメージ。アルカリ性の資材が多いけど、影響はあるのかしらん?1週間後のお楽しみです。どうか成功してますように!
(ちなみに米ぬかを4.5kにするとチッソ3.8-リン4.5-カリ1.7になる)

そうそう、今日はローズマリーが届いた。(また増えた・・・)
オースチンの5号鉢では下から根っこがニョキニョキ出ていて可哀想だったので、余っていた7号スリット鉢に植え替える。あとで添付されていたプリントを読むと「秋まで植え替えしないでください」だと^^;でもね、これ読んでても植え替えちゃったと思うのよね。だって苦しそうだったし。根鉢を崩さなければ今の時期でもOKじゃないのかしらん?もっと大きい鉢があったら良かったのだけど・・・。とりあえずキトサンと木酢液の希釈液をあげて、半日陰へ置きました。他の窮屈そうな鉢(ブルーヘブン)もついでに植え替えちゃった。


ボカシ肥料作り ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。