So-net無料ブログ作成
バラにくる虫 ブログトップ

コガネっ子とホソオビちゃん [バラにくる虫]


ロック・ヒル・ピーチティー

先日ミセスRGシャーマンクロフォードの鉢にコガネの幼虫を見つけ、オルトラン粒剤を撒きました。
翌日には1匹地表に出てきてもがいてたので、思ったより少なかったけどもう大丈夫かな?なんて観察してますが、なかなか芽吹いてくれません。とはいえ、鉢をひっくり返す勇気がなかなか出ない私。
そろそろ葉に虫食い痕が出始めたので、2~3日前に全ての鉢バラにオルトランを撒きました。そしたらアンティークレースの鉢にもコガネっ子が・・・(><)5匹ほど地表でジタバタしてました。
どける気にもなれず、そのまま死んで風化してくれるのを待つつもり・・・( ̄人 ̄)南無


虫といえば、なにやら新しく伸び始めた新芽がこんな感じで食い荒らされ始め・・・。
目を凝らして探しても犯人が見つからない。「伸び始める前に野放しにしてるバラゾウムシに食われた名残か、もしくは同じく野放し状態のバッタがつまみ食いしたかな」なんてテキトーに考え放置してたらますます酷くなってきたので、夜見回ることにしました。
そしたら・・・闇夜に紛れて5cmほどにも成長したホソオビちゃんたちが10匹以上もあちこちのバラでお食事タイムしてました( ̄- ̄|||)。
ヨトウムシなら棒などでつついてチリトリの上に落とし、側溝や水道にポイしちゃうのですが、このちょっと「でろん」とした虫はつつくのも気持ち悪くて・・・片っ端から殺虫スプレーしておきました。
小さいときは明るいうちからモグモグしているホソオビも、大きくなると用心して夜出てくるようになるんですね・・・。

それにしても、コガネ被害に加えてせっかくの綺麗な新芽もこんな虫たちに食べられ、秋のお花が心配です。


朝顔もまだまだ元気(^^)
この形、「キキョウ咲き」というそうです。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アシナガバチのその後 [バラにくる虫]


tomiさんに聞かれて「そういえばどうしたかな?」と思い、巣を覗いてみました。
もちろん数メートル離れてね。ズームで撮ってもちょっとボケてます。
まだウジャウジャ巣に群がってました。でも動きは大人しいみたい。
これからどんどん寒くなると、このハチさんたちは死んじゃうのかな?


アリ? [バラにくる虫]


「なにこれ?」フレグラントアプリコットの剪定した枝に穴がポッコリあいている。おかしいな。前からこんな風になってたっけ?と思いながら見ていると・・・。


イソイソと出てきた虫1匹。口には木屑をくわえていて、外に出るとポイと下に落とす。
そして忙しげにまた穴の中へ。「おいおい、何してんの。」出てくるまでまたしばらく待つ。また木屑をくわえて出てきたところを箸でつっついて捕殺しようと試みたけれど、スルリと抜けてまた穴の中。「コラコラコラ・・・」
水を入れてみたら出てくるかと思いきや、入れたら逆に警戒して出てこなくなっちゃった。待ちくたびれたので、枝を途中から切り取って、枝ごと廃棄。

アリのように見えるけど・・・バラの枝に巣を作るアリなんていたっけ?


アシナガバチ [バラにくる虫]


ガラス越しの撮影です。
窓の下に巣を作ったアシナガバチ。うちの植物たちをよく見回って、害虫たちをハントしてくれます。これだけいるとちょっと怖いけど、巣に近づかなければ基本的には大人しい性質みたい。メダカ池に交代でやってきて、お水を飲んでることも。
ダンナが気づかず巣に近づいて4箇所も刺されて大変な目にあったこともあり、両親から来年は巣を取るように言われるけれど、私としてはここにいてもらいたい虫たちです。


バラにくる虫 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。